FC2ブログ

プロフィール

Tomiko Nakano

Author:Tomiko Nakano
料理・天然酵母パン・ケーキ・和菓子のレッスンを下町の自宅でしています。
豊かな食空間が提供できる様に学んで頂けたらと願います。




Powered by クスパ


アルバム


カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
79位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


2014年6月28日(土)

月末に近づき少々バテ気味でメニューが決まりませんでした。
遅くなりましたがクッキングコースのメニューをホームページにアップしました。
c_20140701.jpg c_20140702.jpg 
c_20140703.jpg c_20140704.jpg
       <メニュー>
・あさりご飯
・鶏のアスパラロール
・ホウレン草のきな粉チーズ和え
・イカ桜和え
・吸い物
・小倉水ようかん

7月4日金曜日&7月5日土曜日に空きがございます。お申し込みをお待ちしております。

スポンサーサイト



2014年6月22日(日)
g_201400601.jpg g_201400602.jpg
6月27日(金)のガトーコース2席空きが出来ました。「満席になりました」
夏らしいレモン風味の冷菓です。ムラングは苺味で大きなものを4~5個のお持ち帰りです。

お申し込みをお待ちしております。


*******************************************************
2014年6月22日(日)
v_2014006052.jpg  v_2014006053.jpg
このセッティングの違いが分かりますか?

左のカップ&ソーサーのスプンは持ち手の下に縦に置かれています。
さて右は持ち手の後ろに斜めに置かれています。

私はこの10年間、左のセッテングを英国式と指導してきました。しかし本場のマナーハウスでのアフタヌーンティーのセッテングが後ろ側に置く右の様にされました。

私は思わず生徒さん達の前で「え~・・・??」と声をあげてしましました。私らしい所ですが!!
帰国後すぐに勉強してきたノートやテキストを見直しましたが、やはり間違いは無いのですが?

そして今日それが解決しました
v_2014006054.jpg
【TALK テーブルコーディネーター】 テキスト テーブルコーディネートの実践より

イングリッシュブレックファースト
紅茶またはコーヒー、果汁、フルーツ、シリアル、卵料理、ソーセージやベーコン、トースト等 たっぷりあると定評のある英国式
コンチネンタルブレックファースト
日常ともいえるシンプルなカフェ・オレまたはコーヒー、果汁、パン、ジャム、バター等、ヨーロッパ式で、フランスを中心としたスタイル

スプンを縦に置くイングリッシュブレックファーストか斜め後ろに置くコンチネンタルブレックファーストの違いでした。

どちらも間違いではなく、おもてなしをする側の気持ちでの違いになるのではと理解しました。
当サロンではイングリッシュブレックファースト例の様に縦に置く事で通します。
大変勉強になる旅行の一コマでした。
2014年6月20日(金)
ホームステー先のご主人のロブソンさん宅の秘伝のジンジャービスケットです。
7月のメニュー、ブレッド&ガトーコースで皆さんに作っていただく予定です。
楽しみにしてください。

v_2014006049.jpg
現地で購入してきた材料です。
v_2014006048.jpg

イギリスの家庭のアフタヌーンティーです。

テーブル&ティーコーディネーターの私から一言
 ・テーブルクロスが白い物を使って頂けなくて残念です
 ・若い奥さまで食器の趣味はカジュアルでした、普段のお紅茶がマグカップでのサービスで少しガッカリしましたアフタヌーンティーではカップアンドソーサーを使ってくださいましたが・・・・・!

 イギリスの家庭料理のメインはやはりオーブン料理で暖かい物をとお聞きしました。
クッキングコースで再現をしたいと思います。
v_2014006050.jpg

マナーハウスのアフタヌーンティー

アイロンの掛かった白いクロスを丸テーブルに使いウエッジウッドの食器に銀のティーポットでサービスを受けました。
高級マナーハウスの満足感を味わいました。
v_2014006051.jpg
今回見て学んできた事をサロンでのアフタヌーンティーにも活かしていきたいと思います。
2014年6月19日(木)
今日は時間が空いたので久しぶりにエステに行ってきました。
全身マッサージでリフレッシュです。夏休みまで楽しく頑張ります。

今回でイギリス研修旅行の最終回です。帰国して10日間が飛ぶように過ぎました。

v_2014006026.jpg
スイーツの本場ヨークシャーの中心部は、チョコレート、クッキー、紅茶の専門店が沢山あり、にぎわっていました。
そこから少し離れた静かな場所に憧れのマナーハウス「ミドルソープ ホール」が有ります。

v_2014006025.jpg
ここが別棟になっている私達が泊った建物です。
お部屋中がアンティークの品物で飾られていました。古い良い物に囲まれた生活が私の憧れでもあります。
v_2014006034.jpg
二人一部屋の部屋割りでしたが、二間続きの贅沢な設えです。
私達の部屋はバストイレが2つもあるのに驚きました。
昨日ツーリストの担当の方とお話をする時間が有り色々な出来事を聞いていただく中で
今回のマナーハウスはグレードを上げて頂いた贅沢な旅行だったようです!
「あ~ もう一泊したかったな~」
v_2014006033.jpg
v_2014006036.jpg
v_2014006035.jpg

お庭もすごい敷地です、見渡す限りの芝生、木々・・・・!
これが本格派のイングリッシュガーデンだそうです。私のイメージはローズガーデンでした!
v_2014006024.jpg
v_2014006031.jpg
v_2014006032.jpg

さて 憧れのアフタヌーンティーです。
自宅ではハイテーブルでのおもてなしですが、ローテーブルでこんな風な設え方も良いなと、お勉強です。
最初にシャンパンが出て来て、驚きました。これもかなりのグレードアップのアフタヌーンティーです。
ツーリストの担当者のこだわりを感じました。
たっぷりのお紅茶のサービスも思っていた以上です。
v_2014006030.jpg
v_2014006029.jpg

 そしてディナーの前にラウンジでカナッペ&ナッツのサービスが有りました。
v_2014006028_20140615015028780.jpg
素敵な食器&カトラリーそして熱くて持てない位に温めたプレート・・・!
v_2014006038.jpg
v_2014006037.jpg
v_2014006039.jpg
v_2014006040.jpg
素晴らしい景色・街・建物と人々に恵まれて楽しく勉強になる研修旅行が出来ました。
これを励みに11年目に入っていきたいと思います。

最後に今回の10周年を記念に海外研修の企画を提案してくださった「TEAM TRAVEL KURAMOTO
担当者の平田さんに感謝します。
また次回に続けることが出来る様に頑張りたいと思います。
きめ細かい旅行の企画をしていただいたツーリストのサイトをリンクしています。

**************************************************
2014年6月17日(火)
g_201400601.jpg     g_201400602.jpg
大変遅くなりました、6月のガトーコースのメニューが決まりました。
夏場にふさわしい、さわやかなレモン風味の冷菓です。
そして メレンゲ菓子のムラングです。イギリス研修でスーパーマーケットで色々な種類のムラングを見てきました。
パンの様に大きな物から一口サイズの可愛い物まで沢山のムラングが有りました。

今回のイギリス研修でもうレッスンへは行かなくなった、シュガークラフトですが、私の師事していた先生がイギリスで勉強されていて、何気なしに飾られている本場のシュガーケーキを見て・・・刺激を受けてきました。
2014年6月15日(日)
今回はホームスティー先の写真です。
ホームスティー本宅に三名&ホリデーコテージ別荘に三名の宿泊になります。
私を含めてマダム組と若者組に分かれて、マダム組が別荘に泊りました。

これは本宅の玄関です。日本人の奥様とイギリス人の旦那様と一歳半の息子さんのファミリーです。
お玄関で靴を脱いでの素足での生活をしておられました。
v_20140060423.jpg

リビングからの展望は素晴らしかったです。
v_2014006041.jpg

夕飯が出来るまで少しお散歩に出ました。リビングから見えた場所に降りてみました。
遠くに牛が放されていて、のどかな牧草地帯です。
v_2014006044.jpg

一時間位の散歩から帰ると夕飯が出来ていました。イギリスでお料理の勉強をして資格を取られたホストマザーの手作りのイギリスの家庭料理です。
小さな子供を抱えての日本人向けのホームスティーの受け入れは大変だと思います。
しかし お手伝いをするどころか手際よく次から次にお料理が出てきました。
寒い地方なのでオーブン料理が主だそうです。
私も帰国後にメイン料理だけ二種類の再現をしてみました。またサロンでも・・・・。
v_2014006042.jpg
v_2014006014.jpg

次の日は憧れのジンジャービスケットのレッスンです。
特別な道具なしで簡単に沢山のビスケットが出来あがりました。
v_2014006015.jpg
v_2014006016.jpg
v_2014006017.jpg

次は昼食を兼てのアフタヌーンティーの準備です。
本場の家庭のアフタヌーンティーパティーです。
v_2014006018.jpg
v_2014006019.jpg

こちらは私達が止まった別荘になります。
寝室が3部屋とキッチン、ダイニング、リビング、バスルームの広々とした場所でした。
一人一部屋のリッチな宿泊になりました。
お風呂に入った後、少しお酒でも飲んで・・・・楽しみました。
v_2014006045.jpg
v_2014006046.jpg
v_2014006047.jpg

次回はピーターラビット&イングリッシュガーデン&マナーハウスの写真になります。

2014年6月14日(土)

お土産のお披露目です
v_2014006002.jpg
v_2014006003.jpg
v_2014006004.jpg
v_2014006005.jpg
v_2014006006.jpg
v_2014006007.jpg
v_2014006009.jpg
v_2014006008.jpg
ピーターラビットの食器&ティーナプキン・・・。
銀器でバターディッシュ&ホットウオーマーをアンティークショップで・・・。
オレンジ色のボールはドバイ空港で・・・。
ポルトガルの陶器のキャベツ&ティーポット・・・。
イギリススポードの廃版商品ソルト入れ・・・。
後はドバイの高級チョコや紅茶を仕入れてきました。

もう少しで重量オーバーの所でした。雑貨は自分へのご褒美ですね!!
2014年6月14日(土)
v_2014006001.jpg
ご心配をおかけしました、データーは無事にパソコンが送られてきました。
「電源ユニット」の交換で無事に復帰しました。しかしこのパソコンも後一年、来年には部品が無くなるそうです。
こんな風に皆さん3~5年で買い替えになるのですね!

今日のレッスンもお土産の雑貨や写真を見ながら無事に終えました。
イギリス研修の写真を整理してブログにアップしていきます。
楽しみにしてくださいね。

ホームページの予約状況も更新を終えました。
2014年6月11日(水)

6月22日(日) ガトーコースの1席空きができました。
メニューは今しばらくお待ちください。
お申し込み連絡などは通常で大丈夫です。

ホームページのカレンダーが更新できませんので
ブログでの連絡になります。
6月15日(日)2席の空席ができました。
ご参加をお待ちしております。
2014年6月10日(火)
写真をブログにアップしようと思ったらパソコンが立ち上がりません!!!!

息子のノートパソコンから取りあえず無事帰国の報告をいれます。
富士通の修理センターに依頼して10日程掛かるそうでデーターがどうなるか不明・・・・?
バックアップを4月1日からしていない自分が嫌になります。

パソコンの環境が違うのでつらいです。
気持ちが落ち着いてから徐々に写真公開しますね。

だがしかし明日のブレッドのレシピを印刷していないことに呆然としております。

誰か助けて~

小梅の収穫

2014年5月31日(土)
v_2014005027.jpg
今日 近所の叔父の自宅で収穫して小梅を 2.1㎏もいただきました。
今年は梅干しにする事にします、少しまだ青いので2日ほど置いて旅行に出る前に塩漬けする予定です。
すごい数の梅のへたを母が竹串で丁寧に取ってくれました。


 | ホーム |